最終手段はアフターピル|いつどんな時でも避妊薬を持ち歩く

緊急避妊薬のアフターピル

アフターピルは性行為後でも行える避妊方法の一つです。
避妊に失敗した時などの緊急時に使える避妊薬ですのでいざという時に使っていくと良いと思います。

性行為後72時間以内であれば避妊薬を服用することで妊娠を高確率で回避できます。
服用は早ければ早いほど効果が高く、24時間以内であれば95%ほどの確率で避妊できるとされています。
避妊に失敗したと思ったのならできるだけ早く服用するように気をつけておいた方がいいでしょう。
しかし、クリニックでの処方では、その状態になった時にのみ処方されるため常備しておくことが出来ないのです。
そのため、すぐにクリニックで処方してもらう必要がありますが、時間的なことを考えると中々大変です。
地域によっては現実的に使用は難しい場合もあります。早期の服用が求められる薬ですので持っておきたいのですが、クリニックの処方ではそれは難しいようです。
ですので海外通販で購入しておくことをお勧め致します。
個人輸入店を利用した海外通販では普通に購入することができるため、普段から持っておくことが可能となります。
常備薬として持っておけると安心で、お守り代わりに持っている人も少なくありません。

クリニックでの処方がネックなところはアフターピルが非常に高価だというところにもあります。
一回の使用のために1万円以上かかってしまうものもあり、気軽に購入しておくにはややハードルが高いものになっているのです。
ですのでジェネリック医薬品で価格の安いアイピルを使っていくと良いでしょう。

アイピルは元の薬に比べるとかなり安くなっており、一回分であれば気軽に購入できる価格で販売されています。
いざという時にすぐに使えるように鞄の中に忍ばせておくと大変便利で心強いと思います。望まない妊娠を避けるためにも普段から持っておくことをオススメ致します。
もし緊急時に服用して妊娠を回避すると言うことに抵抗がある方は低用量ピルをオススメします。
低用量ピルは決められた錠数をある一定期間毎日服用することで排卵を抑制する効果があり、着床を防ぎます。
また低用量ピルのメリットは副作用が比較的弱い点と避妊だけでなく生理不順の改善やニキビの改善にも効果的とも言われています。

日本での避妊方法といえばコンドームが一番有名ですが、コンドームによる避妊率は実はそんなに高くありません。
正しく使えば100%避妊できるものと思いがちですが、コンドームは途中で破れたり外れたり、人によっては途中で使うのをやめてしまったりと、使い方に大きく依存するため、コンドームを使ったのに妊娠するケースが多いようです。
また、男性依存の避妊方法であるため女性側の意志が細かく反映されにくいということもあります。
性的接触をするのがいつも同じで、きちんと避妊してくれる人ということが分かっていればよいのですが、必ずしもそうとは限りません。
避妊が難しいような状況でも後から自分で避妊できる方法というのは大変重要です。ぜひ普段から持っておくようにしておきましょう。

避妊薬や海外医薬品は通販サイトがお得です。